ホーム

園の特色

園の1日

年間行事

園 児募集

天使組

園の地図





 1959年に高千帆小百合幼稚園として創立されまし た。
 1968年には学校法人信望愛学園となり、山口市亀山に本部を置き、県内には14園のカトリック教育理念に基づいた同法人の姉妹園があります。
 山陽小野田市の小高い丘の海風が届く明るい園舎から爾来多くの卒園児を送り出しています。






幼児の神から授かった生命の尊厳を尊び、一人ひとりが人を信頼し、人から愛されて生きるための基礎 を培っていきます。


明るい環境と秩序ある生活の中で、自然や友達と関わる喜びを体験させるようにします。


モンテッソーリ教育理念にそって、豊かな社会性と健康な精神をもった自立した子どもになれるよう、 個性を尊び、成長を援けます。


保育の活動は、異年齢混合のクラスを基本とし、互いに助け合って成長しながら自ら選んでいく力を養 うようにしています。





  モンテッソーリ教育は、イタリア生まれのマリア・モンテッソーリ女史(1870年〜1952年)が打ち出した教育法です。女史は、女性としてイタリアで初 めて医学博士号を得ましたが、子供の命のすばらしさに驚きを覚え、秘められた力を発揮させるためにどのような手助けをすれば良いのか。また、どのような妨 げを取り除かなければならないのかを考え、医学的、心理学的に考察した結果、適切な教育法を発見しました。
 更に、この教育法のために必要な環境設定をし、自立に役立つ教具を考案しました。この教具を通して子供たちが取り組む活動は、発達に欠かせないものであ るため、子供たちにとって単なる「遊び」ではなく「仕事」と呼ぶべきでしょう。
 また、横割り(同年齢で構成されたクラス)の教育を大事にしながらも、縦割り(3、4、5歳の組合せによるクラス)を基本にしており、これは子供たちが 助け合って成長していくことを目的としています。
 より具体的にいえば、モンテッソーリ教育の中でも次のポイントを大切にしています。

T.子供の性質

 
 * 子供は大人と違って、いつも現在に生きており、ゆっくり急がないで行動する。
  * 自立したいという要求を持っている。
  * 感覚を通して知り、学ぶ。
  * 自分が行うことによっていろいろなことを身につける。
  * 物事のひとつずつに、自然な集中力を示す。しかもこの集中力は長く持続する。
  * 結果よりも過程に興味を示す。
  * いろいろな事を身につける特別な時期がある。それを敏感期と呼ぶ。

U.子供は何を必要としているのか

   * 何よりも大人からの、愛情、暖かさ、安心感。
  * 大人に尊敬され、話を聞いてもらえ、自分の言うことを大切にされること。
  * 家庭と幼稚園の生活の中で、一員として認められること。
  * 理解されること。
  * 自分で動き学ぶ自由。
  * 集団生活を営むための、適切な規則や規律。
  * 誉められ、励まされること。
  * 友達と一緒に活動すること。
  * 良い刺激になる環境(物的・人的)。

V.どのように子供を手助け出来るか

   * 子供の背と力に自分を合わせて、子供の言うことを良く聞くこと。
  * 子供が自分で出来ることを替わってしないこと。
  * 成功できることをさせる。そして、その成功をほめること。
  * 子供との関係は、否定せず、いつも肯定的でいること。
  * 出来るならば、子供たちに本当の道具を使わせる。
  * 両親と先生は、子供に、言葉よりも良いお手本を示すこと。



日常生 活の練習 感覚教 育を基礎とした算数教育


                               に戻る



学校法人信望愛学園 高千帆小百合幼稚園
〒756-0080 山陽小野田市くし山1-31-1 電話 0836-84-1958